半信半疑でした、でも期待が勝って購入

増大サプリは日本の大多数の人が興味を持つといってもいいほど関心のある分野だと思います。日本人の平均サイズはおおよそ13cm~14cmでこれは世界基準から見ると大きい方です。にも拘わらず気になってしまうのはやはり日本のAV文化、そして性文化のせいでしょう。自分のサイズを人と比較する機会は中々ないのでついつい気になってしまい増大サプリを買ってみました。血液循環を良くし海綿体を膨らませることによりサイズアップを計れるという説明がありましたが飲んでみた率直な感想は「全く実感がない」というものでした。興奮作用のある成分が入っているため飲んでしばらくは勃起状態になりやすいのですが肝心な増大効果というものは体感できず、説明書きを再度読むと「※個人差があります、半年以上継続使用して下さい」という旨の言葉が入っていました。結局値段も高い為半年も続けずに一か月でやめてしまいました。

増大サプリを買ったという知り合いは何人かいますが「これは効いた!」など言ってくる人は誰もいないため基本的には気休め、プラシーボ効果しかないサプリなんだろうと思っています。ただどれもが増大効果のないいわば「ニセモノ」かと言うとそうではないと思います。増大の夢が諦められずいくつかのサプリを買ってみている私ですが、その中でいいかもしれないと使い始めてみたのが最近話題のペニトリンです。このペニトリンはトンカットアリという成分=天然のバイアグラのようなもの が含まれていて、とりあえず飲めばすぐに大きくなります。国内生産ということで副作用もなく安心して飲めるサプリに仕上がっていてレビューを見るとだいぶ高評価が目立ちます。やはりこういったサプリは長期間飲まないと効果がわからないという面があるので3か月だけと思い飲み続けようと思っています。