ここまでやれば落ちるだろう

あるキャバクラに行った時に、ひと目でほれてしまった子がいました。キャバ嬢の割には派手さはなく、どこにでもいそうな普通の女の子でした。そこからは猛アタックの開始でした。行けば必ず指名し、週一以上のペースで通いました。

ここまでやれば落ちるだろうと思っていたのですが、そこは見た目とは裏腹に経験豊富だったらしく、なかなかこちらに振り向いてくれない。ちょっと飲み屋の女性を落とすのとは、わけが違うみたいです。通ったのも3ヶ月を過ぎたころだったでしょうか。一緒にアフターを過ごしていました。いつもであれば、他のスタッフなどもいるのですが、そのときは2人きり。チャンスと思い、心の内を打ち明けました。もう、玉砕覚悟でしたが、向こうはそのはっきりとした一言を待っていたらしく、そのまま一夜を一緒に過ごしました。

キャバ嬢もそうですが、水商売系の女性を落とすのは容易なことではないと考えています。我々が想像する以上にいろんな男を見てきており、目が肥えています。私は、キャバ嬢は落とすことが難しいが、飲み屋の女性を落とすのは簡単とは思わないほうがよいと考えています。

とは言っても、やはりキャバ嬢のほうが、飲み屋の女性より深いものを見る経験が多く、加えて自分を商品として売り出しているわけですので、落とすためにはハードルは高くなります。しかし、根本は男と女です。人間です。逆に色々な人の愚痴を聞き、世間を知っているとも言えますので、本気でぶつかっていけば向こうもわかってくれる可能性があります。
キャバ嬢、飲み屋の女性を落とすマル秘テクで1つだけNGな行動は、店の接客中に口説かないことです。向こうはあくまで仕事中ですので、そこは歩をわきまえましょう。